Tokyo job offer

タクシーの運転手になろう【働きやすいところ発見】

安定収入が魅力

スキルがいかせる職場

おもちゃ

ドライバー職であってもサービスを利用する機会があり、様々なシーンで頼りになるのがタクシーです。
近頃は少子高齢化の社会事情に合わせ、1メーターでも乗車しやすくなっていますので、ますますタクシー需要が高まることでしょう。
そんなタクシードライバーの仕事を全国で比較した場合、東京が特に有利といえます。
ビジネスと観光が衰退することは考えにくいエリアであり、都心回帰といわれているように人口も集中しているのです。
そのため、長期で働くことを意識する際は、東京のタクシードライバーを候補に入れておくと良いでしょう。
駅前に並ぶ姿をイメージしがちなタクシーですが、東京においては企業や観光エリアでも乗り場が設置されています。
東京は本社を置く企業が多数であるため、運転と接客スキルが身につく頃には、役員専属のドライバーという道も開けるでしょう。
自分のスキルと存在がはっきりと示せることから、給料のアップも期待でき、やりがいが強く感じられると好評です。
観光タクシーの職場も東京における魅力の1つであり、旅行好きが多いタクシードライバーに人気となっています。
ガイドのような役割が割り当てられ、国内だけでなく外国人観光客との交流も可能です。
様々な職場が魅力のタクシードライバーですが、希望どおりになるか否かは本人の努力次第となります。
例えば、優秀な運転技術はもちろんのこと、言葉づかいや挨拶といった接客マナーの習得も大きくかかわってきます。

地理試験の対策も必要

運転手

他業種から転職者も多いのがタクシードライバーの仕事です。
しかし、東京で働く場合は、押さえておきたいポイントが複数あります。
まずは、東京特定指定地域でドライバーになる際に求められる、地理試験の合格証です。
地理試験は特別区である東京23区と武蔵野市、三鷹市でタクシー会社に就職する場合に受験する必要があります。
都内の幹線道路や施設名などが問題として出されます。
またタクシー事業に関する法令問題も、もう1つの科目として出題されるのでそれらの試験対策が必須です。
そしてタクシーの求人では、勤務時間についても把握しておくことが大切です。
勤務形態には日中だけ働く「昼日勤」、夜から出社して働く「夜日勤」、そして「隔日勤」と呼ばれる3つが存在しています。
東京はもちろん、他の地域でも隔日勤で働く人がもっとも多数です。
隔日勤は勤務日と勤務明け日、そして休日を繰り返す勤務形態で、遊んでいるタクシーが少ないというメリットが会社側にはあります。
また労働者側には長時間労働が可能なため手取りが増えやすいというメリットが存在します。
営業エリアもきちんと覚えておきましょう。
東京のタクシー会社はどこも営業エリアを抱えており、お客を他社の営業エリアで乗車させることはできません。
もちろん降車は問題ないので、遠距離客を自社の営業エリアで乗せることはできます。
このように東京でタクシードライバーの求人をチェックする場合は、タクシー会社の勤務形態や営業に関するポイントに加えて、地理試験への備えや会社側のサポートも重要です。

必要書類とアピールが重要

男性

東京はタクシーの需要がとても高い地域なので、有力な人材を求めて多くのタクシー会社が求人を出しています。
それぞれ応募条件が異なりますが一般的に運転免許を取得しており、健康面に問題ない方ならば応募する事が可能です。
応募した後に採用される確率をアップさせる為には、丁寧に必要書類を作成しなくてはいけません。
履歴書や職務経歴書などの必要書類は、書類選考の時だけではなく、面接の時にも活用される為、重要な役割を持っています。
見やすくそして自分の特徴や能力を履歴書や職務経歴書でアピールできれば、面接時にも好印象を与えやすいです。
その為にも必要書類を作成する際、誤字脱字が発生しないようにダブルチェックを実施して、正確に作成しないといけないです。
もしも誤字脱字があるといい加減な人物として、面接官に印象を与えてしまうので、いい結果に結びつきにくくなります。
面接の時、面接官に少しでも気に入られることができれば、それだけ内定を獲得する事ができるチャンスが発生します。
清潔な身だしなみで面接を行う事によって、面接官に対して良い印象を与えて、その場の雰囲気も和みます。
その他にも東京の場所で何故タクシーの仕事を求めているのか詳しく説明できるように準備しておくのも大切です。
姿勢も大きな役割を持っており、面接官の目をしっかりと見て話すだけでも好印象を与えられるようになります。
東京の場所でタクシーの仕事を希望している方はたくさんいるので、少しでも面接官に良い印象を与えないといけないです。
万全の態勢で東京のタクシー会社の面接を受ける事ができれば、人によって短い期間で最高の結果を出せる可能性が発生します。